東山晃 ウランバートルシティFC (モンゴル1部)と契約

   

カンボジアリーグから移籍を模索していた晃が、モンゴルリーグの期待の新星クラブ、ウランバートルシティFC と契約しました。他社のサポートで現地にトライアル来ていましたが、なかなか上手く行っていなかったようなので、自分が選手時代から知っていたこともあり、お助けサポートしました。

Sponsored Link

Sponsored Link

晃は僕が現役時代から知っていて、タイで会ったり日本でも数回会う後輩だったので、リーグ編成が定まらないフィリピンで苦戦をしているのを聞いて、モンゴルのクラブから日本人選手が欲しいという話を頂いていたので

モンゴルでやるか?

と声を掛けていたのにも関わらず、興味のなかった晃。そして、結局フィリピンで進展なく時期的にもシーズンが近づくモンゴルリーグへ挑戦しに行くことになったが、僕のサポートではなく、他社様にお願いしてトライアルで行くとのことでした。プロでの実績が少なからずあるのに、モンゴルにトライアルで行くな!

【モンゴルでの一般的な選手契約条件

  • ※往復航空券
  • 住居
  • 月給
  • ボーナス
  • 食事/食費

晃、トライアルで行ったら※航空券自腹じゃね?トライアルの場合、トライアルへまず航空券実費で行ってチームと契約したらチームが航空券をすべて往路分まで払ってくれるということが選手に提案されることはありますが、モンゴルはどうかな?おそらく航空券払い戻しないよ。

【モンゴルリーグ外国人の給料】

まだまだ決してタイプレミア(現T1)、タイD1(現T2)、マレーシア、インド、ベトナム、シンガポール(アルビレックス新潟シンガポール除く)、インドネシアのように日本のサラリーマン以上、年俸1000万円を越える給料がもらえる国ではありません。ミャンマー、ラオス、フィリピンでも高額の給料を出すチームがいくつかありますね。

【モンゴルリーグの現実】

それでも、モンゴルを代表する企業のオーナーがクラブを持ったり、スポンサーに付くチームが増えてきており、選手目線の待遇から見れば、これからモンゴルリーグも期待できるかもしれません。しかし、今年多くの日本人選手がプレー、活躍していますが、2015年から無給料でプレーしている日本人選手がいるのも事実。日本である程度のアマチュアトップレベルでやれる選手でないと、サッカー弱国のアジアといえど、簡単ではないです。①無給料でプレー②クラブ、監督、エージェントに大金を渡している③経歴詐称etc....日本でJユース、全国高校選手権、大学サッカーリーグのチームにも所属していないような選手が海外でプレー??というのには、いろいろ裏があります。またこういった記事も徐々に書きます。

【モンゴル期待のクラブ】

晃が契約したウランバートルシティFCは、城彰二さん(元日本代表)や、ディエゴ・コスタ(チェルシー)がプレーしたヴァリャドリード(リーガエスパニョーラ/スペイン)のBチームを指揮した経歴を持つスペイン人監督を迎え入れ、かなり期待できるチームです。開幕前の練習風景↓

【モンゴルリーグの特徴】

ようやく育成に手が入り始めたモンゴルでは現在プレーしているローカルのモンゴル人選手は、いわゆる足元の技術、戦術的な動きの練習を積んできておらず、苦手な選手が多く、足元の技術が得意な日本人選手にとっては、モンゴル人はとても下手くそに見えるかもしれません。しかし、フィジカルが強く、勝負になると闘争能力が普段の2倍は超えます。海外に出たことのない日本人選手や指導者は、足さばきにばかりサッカーの能力を捉えがちですが、※実質、足さばきで言えばスペイン、ブラジル、アルゼンチンの選手より総体的にも日本人の方が上手いと海外に出たことのある人ならそう思う人は多いと思います。W杯に出たこともない国のアマチュア選手でさえも、日本と比べたらはるかに、ボディーコンタクトは強いです。サッカーの種類がまるで日本と違います。逆に日本ではJリーグに行けなくても海外のボディーコンタクトの激しいサッカーの方が相性が良く、海外で開花する日本人選手もいるかもしれませんね。また、海外では生活のため、生きるためにサッカーをしている選手がほとんど。モンゴルでもより多く給料をもらえるチームへモンゴル人選手も毎年移籍している傾向にあります。モンゴル人選手は、プロ選手はわずかで、本業の仕事を別に持っているケースが多いです。

契約報告をSNSで更新中の晃。お金をクラブから頂いてプレーする以上、雇ってくれるクラブ、応援してくれる人へ期待通り、期待以上のプレーで答えるのがサッカー選手。自分のプレーが見たいと思ってもらえて、プレーでチーム、スポンサーに貢献して行く以上、それ以下のプレーではもう、お金をもらうに値する選手ではないです。アジア等の弱国でプレーする日本人選手の中には、何か勘違いしてSNSで日本の友達等に注目されたいがためだけに※本当は裏があってたいしたこともないのに、(試合も出ていない、無給料、入団する資格をお金で買った。等)サッカー選手としての任務をも遂行せずに、オレはプロだと言っている選手も少なからずいます。サッカーで海外に出て日本人としてプレーする以上、誇りを持って頑張って欲しいです。サッカーで成功しなくとも、人生のいい糧になるはずです。

晃も、契約あるからラクダ(笑)なんつってラクダに乗って余裕こいてると危ないぞ‼モンゴルリーグデビュー戦は日本から携帯で生中継Liveで見てました!契約までも僕だけでなくいろいろな方の協力があって決まりました。引き続きプレーで見せてくれるのを期待してます。


池田雄大 6/10(土)東京・渋谷 トークショー出演のお知らせ

by zero one

詳しくはこちら

『LOFT9 Shibuya』

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/61259

Sponsored Link

 - モンゴル