バルサだけじゃない。南米では観客席からの襲撃は日常茶飯事。

   

日本人の方は驚かれたのでしょうか。

リーガーエスパニョーラ名門バルセロナの試合で、スアレス、ネイマールらがゴール直後に観客席からボトル直撃

を受けたニュースのことです。

日本でも最近はサッカー専用スタジアムも珍しくありませんが、

サッカーに歴史のあるヨーロッパや南米ではほとんどがサッカー専用スタジアムで、

観客席が近い‼



これは、僕が初めてプロ契約をした南米ボリビアのレアル・サンタクルスというチームのホームスタジアムです。

数年ぶりにこの夏、日本人選手を連れて南米ボリビアに行ってきたんです。

僕が現役の時は、このスタジアムでプレーした時は、

観客席からボトル直撃!!

ではなくて、

観客席からミカン直撃!!

がありましたよ(笑)



ミカン食いながら、サッカー観戦なんて、

正月のコタツだけにしとけや‼

ってとこですが、

日本の常識や、日本での普通が、世界で同じ通りとは限らない。

日本の常識を海外に持ち込むな。

日本の常識を持った、オリジナルな自分として、世界を知り、世界でも戦える人間として自分らしく生きろ

そう若かりし、夢を抱いた僕は思って、海外でサッカーをやってきました。



強い夢だけを持って、「就職活動なんでしないんだ」と父親に怒鳴られながらも、出発の数日前に南米に行くことを告げ、

人生は自分で切り開く

と志を持って向かった南米ボリビア。



まさか、大学四年間でろくに試合も出ていなかった僕が、すぐに南米ボリビアの名門オリエンテにプレーを見てもらえることになり、契約の話しになるなんて誰も想像していなかっただろう。

でも、僕はそのイメージしかなかった

そんなアツ~い僕でしたが、

そのオリエンテとブルーミンのクラシコを何年越しに見れたのだろう。



当時を思い出しましたね(笑)

観客席から爆竹直撃!

なんてのも日常茶飯事で、試合の時はビクビクでした。



まあ、久しぶりの南米ボリビアから、昔のことまで、いろいろボリビアについて書きますね(^-^)

Sponsored Link

 - ボリビア